御祈祷

<御祈祷>

御祈祷は平日、休日問わず9:30~11:30、13:30~16:00で奉仕しております。


<厄除け>

厄年とは災難や障害を被りやすい年齢のことです。
男性は25才・42才・61才、女性は19才・33才・37才、61才が厄年にあたり、その前後を前厄(まえやく)・後厄(あとやく)といいます。特に男性の42才は「死に」、女性の33才は「散々」という語呂あわせで、大厄(たいやく)といわれています。厄年を迎えると、神さまのご加護をいただいて、災厄が自分の身に振りかからないように神社にお参りし、厄祓(やくばらい)をします。

男性 前厄 本厄 後厄
24才 25才 26才
平成10年生 平成9年生 平成8年生
とら うし (ねずみ)
41才 42才 43才
昭和56年生 昭和55年生 昭和54年生
とり さる ひつじ
60才 61才 62才
昭和37年生 昭和36年生 昭和35年生
とら うし (ねずみ)
女性 前厄 本厄 後厄
18才 19才 20才
平成16年生 平成15年生 平成14年生
さる ひつじ うま
32才 33才 34才
平成2年生 平成元年生 昭和63年生
うま へび たつ
36才 37才 38才
昭和61年生 昭和60年生 昭和59年生
とら うし (ねずみ)
60才 61才 62才
昭和37年生 昭和36年生 昭和35年生
とら うし (ねずみ)

<方位除け>

かつての神職は、易者としての職務も兼ねていました。方位よけはその名残をもち、神社では略歴表や方位吉凶早見などを出しています。その年のあなたの星まわりが、中央、北、北東(艮、うしとら)、南西(坤、ひつじさる)に位置する年令は凶の方位とされています。

令和3年の方位除け
令和3年の方位除け

<御祈祷項目>

初宮詣、七五三詣、成人祝奉告祭、厄除、方位除、家内安全、安産、無病息災、身体安全、必勝祈願、病気平癒、心願成就、良縁祈願、商売繁盛、営業促進、業務安全、工事安全、旅行安全、車祓、神棚祓、諸災消除、地鎮祭、上棟祭、竣工祭、開店奉告祭、結婚式ほか

※その他、各種承っておりますので、お問合せください


<御祈祷料金>(初穂料)

・個人の場合:5,000円~
・法人の場合:10,000円~